利休 不審菴

Bibliographic Details

Title
数寄屋おこし絵図 / sukiya okoshi ezu
Editor
鈴木行三 / Kozo Suzuki
Publisher
三昧社 / Zanmaisha
Year
昭和6年 / 1931
Size
h265 × w188 mm
Weight
25 g

数寄屋おこし絵図
sukiya-okoshi-ezu

茶室の誕生からおよそ400年間に実在した利休や織部や光琳の名茶室から、雪隠、水遣、中潜など茶室の周辺まで、創意あふれる「起し絵図」をご紹介します。折りたたまれた紙を起こし、紙の爪を差し込むことで糊をつかわずに自立するように工夫されています。数寄とは「好き」ということ。寸法や材料が細かく描き込まれ、建築の知識や技術がない数寄者が常識に囚われない「好み」を表現するのを大いにたすけました。この小さな茶室模型は、茶匠から工匠(数寄屋大工)に手渡され、工匠がそれを読み解いて施工しました。いまから90年前に、茶道家に伝来する「起こし絵図」を集めて限定出版した三昧社版『数寄屋おこし絵図』(1931年刊行)から、いずれも1点限りのご案内です。


→「数寄屋おこし絵図」商品一覧をみる

<不審菴について>

名称:不審菴(ふしんあん)
創建年:1572年頃(天正元年)
再建年:詳細不明
現住所:京都市上京区寺之内通堀川東入百々町536(非公開)

三畳台目の茶室で、千利休が大徳寺門前の屋敷につくった四畳半が最初と言われているが、現在の不審菴は、4代の江岑宗左が父の元伯宗旦とはかってたてたものが原型。「不審菴」の名称は、利休が古渓宗陳に庵号をもとめ、「不審花開今日春」(ふしんはなひらくこんにちのはる)という禅語からつけられたといわれています。また、不審菴は表千家を代表する茶室で、家元そのものをも総称します。

表千家のホームページはこちら

通常価格 ¥15,000 JPY
通常価格 セール価格 ¥15,000 JPY