0.9-201 mm

Bibliographic Details

Title
0.9-201 mm
Artist
MIGUEL ÂNGELO MARTINS
Publisher
Raum Editions
Year
2015
Size
201 x 192mm
Weight
450g
Pages
340p
Language
Spanish & English / スペイン語、英語
Binding
Paperback / ソフトカバー
Printing
Risografía (black)
Materials
Paper: Munken Print Cream 15 (70g) & (115g), Munken Print Cream 20 (90g)
Edition
300
Condition
New
ISBN
978-84-608-2205-9

Raum Editions #05 / Types: Myriad Pro 7, 8, 14 pt / Thanks: Leticia Becerro & Leticia Pérez Alonso

ミゲルの筆カタログ

緊張感のある表紙に、謎の小口絵。頁を開く前から、テーマや内容を聞く前にオブジェとして、名作確定である。「これこそ現代に生まれるべくしてあらわれた本のかたち」、くらい言いたいほど美しい。

先にタネ明かしをすると、この本に収められた84本の線は、84本の筆幅の太さそのままに描かれている。1枚の紙に1本の筆が走った模様のみで構成されているのだ。昇順に並べられた線は、まるで見本帳のように筆の物理的特性を抽出しようとしているように見える。紙は、筆に使われていた毛の色に似たクリーム色の紙を選んでいる。

絵描きだった作者のミゲルは、自分のアトリエの棚卸しをプロジェクトにすると決めた。この本に姿を変えた画材は「筆」。棚卸ししてみたら、画家だったミゲルのアトリエには84本も筆があって、しかもそれらすべての太さが微妙に異なっていた。その幅というのが、0.9〜201mm。アーカイビングとカタログの在り方、そのひとつの結論としての「物理的記録」がここに誕生した。

過去の展覧会の様子をこちらからご覧いただけます。

通常価格 ¥9,300 JPY
通常価格 セール価格 ¥9,300 JPY